キミは シンデレラガール
My precious one
You're the only flowering heroine
どんなときも ずっとそばで
まぶしい その笑顔見せて





King&Prince の歌う「シンデレラガール」を初めて聴いたのは、運転中のラジオでした。





曲から溢れ出るそのキラキラ感に、「キャー!」と車内で照れ照れになった事を覚えています。





若々しく、そして瑞々しいこのラブソング、私はとても好きです。











人生で「シンデレラガール」になれるシーンがあるとしたら、それはプロポーズの瞬間でしょうか。





そんな「シンデレラガール」のイメージを形にしてみました。











キラキラ感をそのまま形にしたダイヤモンド型のフォルム。





蓋を開けると、そこには満開のお花たちに囲まれた指輪がキラリ。





これぞ「flowering heroine」!











いつもはアーティフィシャルフラワーを使うのですが、今回は「シンデレラガール」の若々しさ、瑞々しさを表現するために生花を使用。











蓋を閉めるとまるで額のように、窓の中央に指輪が見える造り。










この部分にリボンをかけると、ちょうど指輪が見えなくなるように作ったので、サプライズ演出も可能です。










キラキラ輝く「flowering heroine」な世界観をとことん追求したこの作品。





どこかで誰かが「シンデレラガール」になるその瞬間を彩れますように。











※掲載作品の模倣、及び、画像・文章の無断使用は固くお断りいたします。





<Copyright(c) cohaco.industry All Rights Reserved.>